キャッシュレス時代におすすめのクレジットカード「Visa LINE Payクレジットカード」

キャッシュレス時代に伴い、財布の中身をいかに少なくできるかが重要になっている。そんな今の時代におすすめなのが、「Visa LINE Payクレジットカード」である。 このカードがあれば、スマホ一台でどこにでも行けるといっても過言ではない。 Visa LINE Payクレジットカードは、簡単にいうとVisaクレジットカードとLINE Payのいいとこ取りをしたようなカードである。 僕は、先月からVisa LINE Payクレジットカードを導入したのだが、現金で支払うどころか、財布を取り出す機会も減ったくらいである。 それではVisa LINE Payクレジットカードについて、詳しく紹介していこうと思う。 目次 IDが使用できるバーコード決済が使用できるポイント還元率が高いポイントが現金に変わるVisaタッチに対応しているPayPayのQRコードと統合される年会費が実質無料支払いの通知がLINEで受け取れるデザインが美しいまとめ IDが使用できる Visa LINE PayクレジットカードはApple PayやGoogle Payに登録することができ、IDとして使用することができる。 そのため、コンビニなどのIDが利用できる店舗では、わざわざ財布からクレジットカードを取り出す必要もなく、携帯をタッチするだけで決済が可能である。 コンビニやスーパーだけでなく、かなり多くの店で使用することができ、僕もクレジットで決済するよりもIDで決済する方がはるかに多くなった。これまでIDが使用できるクレジットカードを使用したことがなかったが、これほどQOLが変化するのは驚きであった。 IDがあるなしでは、このクレジットカードの魅力は半減するだろう。 バーコード決済が使用できる キャッシュレス時代になり、さまざまなお店でクレジット払いができるお店も増えてきているが、街の個人経営のお店などでは、まだクレジット決済に対応していないお店も多くある。 しかし、そういったお店でもバーコード決済には対応しているお店も多く、僕が住んでいる地域の八百屋さんでもバーコード決済ができるように最近なった。 Visa LINE Payクレジットカードは、名前の通りLINE Payとしても利用することができ、いちいちチャージなども必要ない。LINE PayとVisa LINE Payクレジットカードを紐づけるだけで、LINE Payでバーコード決済した際も、Visa LINE Payクレジットカードから引き落としされる。 近所のスーパーよりも八百屋さんも方が価格が安かったりするのでよく利用するのだが、現金を出す手間が無くなったので本当に楽になった。 ポイント還元率が高い 2021年4月30日までは、サービス開始初年度ということもあり、クレジット決済の場合は3.0%、チャージ&ペイの場合はマイランクの応じた還元率で1.0%〜3.0%であった。 2021年5月1日からは、サービスが改定され、クレジット決済の場合は一律2.0%、チャージ&ペイの場合は一律0.5%へと変更になる。 2021年4月30日以前から利用している方にとってはマイナスポイントかもしれないが、クレジット決済のポイント還元率が2.0%は、一般的なクレジットカードに比べて高いと思われる。 例えば、1万円の買い物をクレジット払いした場合、200円分がポイントとしてキャッシュバックされる。 ポイントが現金に変わる 一般的なクレジットカードは、貯めたポイントで商品と交換したり、発行店舗などで買い物する際にポイント利用したりするのが通常であるが、Visa LINE Payクレジットカードは、貯めたポイントをLINE Payにチャージして使用することができるので、現金感覚で使用することができる。 また、2021年3月16日からPayPayボーナスへの交換が可能になり、ポイントをPayPayにチャージしてPayPayとして決済することも可能になった。 Visaタッチに対応している Visa LINE Payクレジットカードは、Visaのタッチ決済に対応している。 Visaのタッチ決済が使用できるメリットとしては、スピーディーにクレジット決済ができるという点が挙げられる。 … Continue reading キャッシュレス時代におすすめのクレジットカード「Visa LINE Payクレジットカード」