リモートワークにおすすめ!超多機能!Dell 34インチ ウルトラワイドハブモニター「U3421WE」をレビュー

MacBookって、デザインが洗練されていて、スタイリッシュでほんとうにかっこいいと思う。 でも、スタイリッシュが故に、ポート類がThunderbolt2つだけと、実用性には欠けている。 だから、必然的にモニターやWEBカメラ、キーボードやマウスなど、外部機器を接続するには、USBハブが必要になる。 でも、USBハブってダサくない? さらにUSBハブから、色々なケーブルが伸びてるのって見た目がものすごく格好悪く見える。 据え置き方のドッキングステーションもあるけど、意外と大きくて机も占有するし、PCに高出力で給電するため、電源も大きい。 じゃあどうしたらよいのか? そんな方に最適なのが、ハブモニタ-である。 今回僕は、「これがリモートワークの必需品!これを揃えれば快適な作業環境になること間違いなし」でも紹介している、Dellの34インチ ウルトラワイドハブモニター「U3421WE」を購入したので、みっちりレビューしていく。 ・モニター本体に計12ものポートが備わっているのでハブいらず・34インチのウルトラワイドモニター・スピーカー付き・ノートPCへ90Wの給電が可能・有線LANも接続できる 目次 ハブモニターとは?とにかく広い作業領域U3421WEの特徴デスク周りのデバイスの充電ができる5Wスピーカーで迫力のある音楽体験をLANポートがあるので安定した通信が得られる90Wの電力供給が可能なUSB-Cポート曲面かつIPSに対応したモニターU3421WEについてもう少し詳しく解説U3421WEを導入してみた感想Dellでモニターを買うメリットまとめ ハブモニターとは? ハブモニターとは、USBハブの機能を持ったモニターのことである。 Dellのモニターの多くは、HDMIやディスプレイポートといった画面出力用の端子だけでなく、USB-AポートやUSB-Cポートを兼ね備えたものも多くある。 なので、WEBカメラやキーボード、マウスなどの周辺機器をモニターに直接接続することができる。 また、MacBookだけでなく、近年発売されているノートPCのほとんどはUSB-Cから給電やディスプレイへの出力ができるようになっている。 そのため、USB-CのポートがあるモニターにはUSB-Cのケーブ1本接続するだけで、モニターへの出力だけでなく、あらゆる周辺機器と接続できるようになり、机の上をすっきりさせることが可能になる。 特に、僕が使用しているMacBookはクラムシェルモードといって、PCを閉じたままでもスリープモードにならずに操作が可能なので、机の隅に立てかけておくことで、机を広々と使用することができる。 今回、僕が購入したDellのウルトラワイドハブモニター「U3421WE」は、USB-AのポートやUSB-Cのポートのみならず、なんと計12ものポートが備わっている。 現在僕は、USB-CポートにMacBook Pro、HDMIポートにNintendo Switch、USB-AポートにWEBカメラとモニターライト、そして有線LANを接続している。 これだけの機器とケーブルを接続してもMacBookへはUSB-Cケーブル1本でよいので、配線を綺麗にまとめることでデスクの見た目も綺麗に保つことができる。 とにかく広い作業領域 とにかくリモートワークを快適にしたいといことから、ウルトラワイドモニターの購入を検討していた。 これまでは、「リモートワークでも快適!iPad Proをメイン機としたデスク環境」でも紹介している、PHILIPSの23.8インチモニター「241E1D/11」で作業していたのだが、2つの画面を分割して表示すると表示領域の狭さに苦労していた。 特にテレビ会議などは、会議画面とその他の画面を交互に見るなんてこともよくあって、23.8インチでは満足に作業ができなかった。 U3421WEは、3,440 x 1,440の34インチウルトラワイドとなっており、20インチのモニターの約2枚分の表示領域がある。 そのため、2つのみならず、3つのウィンドウを表示させながら作業することも全然余裕である。 僕は普段、Slack、作業用のウィンドウ、参照用のウィンドウといった形で、3つのウィンドウを常時表示させながら作業しており、作業も非常にはかどっている。 テレビ会議時には、ウィンドウを2つにして共有用の画面を見やすくしたりもしている。 他にも、エクセルやスプレッドシートで資料作成時には、大画面を利用して隅々まで表示するなんてことも可能である。 また、仕事以外だけでなく、当ブログに執筆時にも、この大画面は大活躍している。 右側に原稿の入力スペースを表示させ、左側に調べている情報を表示させるなんてことも大いに可能である。 動画編集をする方は、この横長のスペースを有効活用させ、タイムライを一目で確認することもできる。 さらには、シネスコサイズの映画を余計な黒味を表示させることなく大画面で楽しむことなんかも可能である。 U3421WEの特徴 他社製でも34インチのウルトラワイドモニターが数多くあるが、Dellのウルトラワイドハブモニター「U3421WE」には前述したハブモニター以外にも便利な機能が沢山ある。 デスク周りのデバイスの充電ができる 前述しているとおり、U3421WEには12のポートがある。 そのうち、USB-CとUSB-Aのポートが1つずつモニター前面に設置されており、スマートフォンやパソコンの周辺機器などの様々なデバイスを充電することができようになっている。 僕はいつもキーボードやマウスなどをこのポートから充電している。 他にも、頻繁に抜き差しするフラッシュメモリなども、アクセスしやすい位置にポートがあるので便利である。 5Wスピーカーで迫力のある音楽体験を モニターの下部には、デュアル5Wスピーカーが内蔵されている。 これにより外部スピーカーをデスクに置く必要はなく、デスク周りもすっきりとさせることができる。 モニターの左右にスピーカーが設置されているので、立体的にサウンドを楽しむことも可能である。 もちろん音質にこだわる方は、別途スピーカを購入した方が良いと思うが、YouTubeなど普段使いであれば十分と言える。 言うなれば、テレビのスピーカーと同等くらいである。 LANポートがあるので安定した通信が得られる … Continue reading リモートワークにおすすめ!超多機能!Dell 34インチ ウルトラワイドハブモニター「U3421WE」をレビュー