Amazon Echo Show 5とSwitchBotハブミニを買ってみた

今現在、引っ越しをするに当たり家具などを色々と揃えている。せっかくならこのタイミングでスマートホーム化していきたいと考え、先月末に開催していたAmazonのタイムセールで「Amazon Echo Show 5」と「SwitchBotハブミニ」を買ってみた。 Amazon Echoシリーズと連携している家電は増えてきているものの、テレビや照明のオンオフを声で行いたいということもあり、赤外線通信ができるSwitchBotハブミニのセットを購入した。   型落ちやタイムセール中ということもあり、セットで10980円で購入できた。 最初の印象として、届いた箱がとても軽く感じた。開封してみるとさらに、「SwitchBotハブミニ小さくないか。。。」と正直思ってしまった。 Echo Show 5と比較してみると小ささがわかると思う。(右側にある四角いやつ)実際、SwitchBotハブミニは5センチほどしかなく、とても軽くオモチャみたいである。 実際にやってみた。 僕はテレビや照明のオンオフとして使用する予定だったが、調べてみるとAmazon Echoだけでもかなりのスキルがあることがわかった。 代表的なものをいくつか紹介したいと思う。 「アレクサ、○○の音楽かけて」 「アレクサ、プライムで○○を再生して」 などのAmazonプライムのサービスは当たり前のように使用できる。 また、「アレクサ、今日のニュース」というとニュースアプリと連携して最新のニュースをかけてくれる。 まだまだたくさんのスキルや連携アプリがあるので色々試していきたいと思う。 引っ越した後は、アレクサ対応の電球が届くことになっている。次回は引っ越した家での、レビューをしたいと思う。 ▽関連記事最新版のEchoシリーズやFire TV Stickについて紹介!