iPad Pro2020年版が登場!何が進化したのか!?

2020年新型iPad Proが発売された!
つい先日、2020年3月18日の午後9時頃に急に新型のiPad Proが発表された。
iPad Proは2018年から2年越しの発売である。
この2年間でどれほど進化したのか、どんな点が変わったのかについて紹介していこうと思う。
2年前にiPad Proは見ためを一新し、フェイスIDを搭載し、ほぼ板のような形になった。
それに合わせて、Apple Pencilもワイヤレス充電式のペンシルになった。
そのような2018年の劇的な変化に比べれば
2020年版は、前回のフルモデルチェンジからの変更点はそこまで多くなった。
それでも進化した点は2点である。
1点目は背面部のカメラの仕様が変わった。
camera
2018年版の背面カメラは12メガピクセルの一眼のカメラだったが、
2020年版は2眼になったり12メガピクセルの広角カメラと10メガピクセルの超広角カメラになった。
ほぼiPhon11と同等のスペックと言える。
また、LiDER(Light Detection and Ranging:光検出と測距)という距離感知センサーが搭載された。
なので見た目はiPhone11というより、iPhone11 Proに近くなっている。
これは光りの反射を利用し物体とカメラの距離を測ることができるもので、ARの新技術といえる。
現状、ARのアプリを利活用できていないようにも感じるので、今後このiPad Proの機能を利用した画期的なARサービスが出てくることを願う。
2点目は、iPad Pro自体の新機能というより、iPad OSのアップデートによる新機能である。
今回の2020版iPad Proの発売に合わせて、キーボードとマウス操作によるUXが大きく変わった。
今までは特殊な接続方法でしかマウスやキーボードを接続することができなかったが、
Bluetoothで簡単に接続することが可能になった。
このアップデートにより、PCでは普通ではあるがマウスポインターが選択した箇所によって変形するようになった。

テキストなら縦長に、アイコンやアプリなら囲うようにポインターが変形するのである。
これは、iPadをノートPCにより近づけたことになる。
さらに、5月にはトラックパッドが搭載されたシザーキーボード式のケースが発売予定である。
これはもう既に、ノートPCである。
僕はiPadをPCの代わりとして使用しようと考えていたので、かなり嬉しいことであった。
次回は僕がなぜPCではなくiPad Proを購入しようと決めたかについて書いてみようと思う。
※記事内の画像はアップル公式ページから引用しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました